【感動実話】チャップリンの映画独裁者での『史上最高のスピーチ』

にちようチャップリン

チャップリンがアドルフ・ヒトラーの独裁政治を批判した作品の中でのスピーチです。

誰もが感動し、史上最高のスピーチとして伝説的に語り継がれています。

映画『独裁者』
ヒトラーとナチズムに対して非常に大胆に非難と風刺をしつつ、ヨーロッパにおけるユダヤ人の苦況をコミカルながらも生々しく描いている1940年10月15日にアメリカ合衆国で初公開されたが、当時のアメリカはナチの戦争とはいまだ無縁であり平和を享受していたが、この映画はそんなアメリカの世相からかけ離れた内容だった。

作成時にこんな事が話題になっていました

YAHOOでは
・きゃりー、禁酒していたワケは……後頭部を7針縫う大ケガ
・乙葉、夫・藤井隆のアルバムで11年ぶり歌声披露
・渡辺直美が1日警察署長 制服サイズピッタリも「男性用と書いてありました」
・エデュペディア。教員向け事典サイト。現場で役立つ約1700件のヒントが無料で公開
・SMAPの中居正広が2月に父親が亡くなっていたことをラジオで明かす
・馬鹿よ貴方はお笑いコンビ。芸風や魅力を記事で紹介

Googleでは
・台風6号の影響 沖縄は今夜から大荒れ
・愛川さんに「ありがとう」 うつみ宮土理さんが会見 「心の中にぽっかり大きな穴」
・再建中のシャープの株価は前週末終値比80円安の178円まで急落した。株価が200円を割り込むのは、2012年12月以来。大幅減資を検討していると報じられたことが嫌気された。
・【流出】写真交換アプリ「写真袋」で大手企業社員のプライベート画像大量流出!