中島健人&知念侑李、公開プロポーズに女優陣からまさかのダメだし!

うちのガヤがすみません

中島健人&知念侑李、公開プロポーズに女優陣からまさかのダメだし!
Thanks you verry much, like and sub video channel:https://goo.gl/kdAXKi My site :https://goo.gl/2QEBGG translate :https://goo.gl/2yf8uX
2017年11月29日
20時29分

 ジャニーズの人気グループ「y Zone」の中島健人と「Hey Say JUMP」の知念侑李が29日、東京国際フォーラムで行われた映画『未成年だけどコドモじゃない』ホワイトプレミア(完成披露試写会)に、平祐奈、山本舞香、英勉監督と共に出席。会場に詰め掛けた約1,000人の前で、理想の公開プロポーズを披露し客席を絶叫させるも、女優陣からダメ出しされる一幕もあった。 平祐奈&山本舞香が美の競演!【写真】  本作は、人気漫画家・水波風南の同名コミックを、映画『トリガール!』の英勉監督が実写映画化。究極のお嬢さまである折山香琳(平)は、高校で出会った頭脳明晰でスポーツ万能の尚(中島)に一目ぼれ。そんな香琳が、16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは、なんと尚との「結婚」だった……。  作品のテーマにちなんで結婚式のようなバージンロードから登場した中島と知念。中島は序盤から「ここにいる1,000人の花嫁たち」や、平に向かって「劇中のアモーレ」と表現するなど、王子さまキャラ全開でイベントを盛り上げる。そんななか、理想のプロポーズについて話が及ぶと、知念は「僕は(劇中で)膝まづいて人生初のプロポーズをしていますが、普段は恥ずかしがりやなのでサプライズ的な演出はできません」とはにかみ、「普通にご飯を食べているときに『結婚しようか?』って言う感じがいいです」と回答。  知念の自然体のプロポーズに会場が沸く一方、中島は「何気ないときに、勢いで言いたい」と語ると「歩くラブマシーンって言われている俺だけど、もう恋人やめて俺と夫婦になってほしい、結婚してください」とキメキメで投げキッス。会場には悲鳴に近い歓声が巻き起こるも、それを聞いていた山本は「すごく格好いいと思うのですが、すみません、わたしはどちらも選べません」とまさかのNG。  中島は「そうだよね、最善な選択だと思いますね」と気を取り直して