欅坂46平手友梨奈『しゃべくり』初登場北川景子と長縄跳びで大はしゃぎ

しゃべくり007

人気アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈が、3日放送の日本テレビ系『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP』(後9:00)の『しゃべくり』ブロックに初登場。めったにバラエティー番組に出演しない平手だが、オープニングでくりぃむしちゅー・上田晋也から「あんまりこういうの(バラエティー)出ないよね?」と早速突っ込まれ、「全く出ないです。緊張しています」と即答。有田哲平は「まだ信じられない。しゃべったりするんですか?」と興奮した。【写真】平手友梨奈、北川景子と大縄跳び 番組では映画で共演し、姉のような存在だと語る女優・北川景子とともに、平手がしゃべくりメンバーの質問に回答。有田から歌番組のトークの時にはおとなしく見えるが、本番になるとと急にスイッチが入りキレキレのダンスを披露する事について聞かれると「トークするのが得意じゃなくて、MC とかは他のメンバーにお願いしている」と明かした。 原田泰造(ネプチューン)の「踊っている時の記憶はあるの?」との質問には「覚えている時と覚えていない時がある」と答え、徳井義実(チュートリアル)から“憑依ダンス”と呼ばれるパフォーマンスについて触れられ、「霊感はあるの?」と尋ねられると、「何か(霊が)憑いている」「家に帰ると扉がドンドンドンって鳴る」と、恐怖の心霊体験でしゃべくりメンバーを驚かせた。