貴乃花、『しゃべくり』で引退後初のテレビ出演「あんなにもいじめられるとは…」

しゃべくり007

元横綱・貴乃花が、29日放送の日本テレビ系『しゃべくり007 10周年2時間スペシャル』(後9:00)で、9月の親方引退後初となるテレビ出演を果たすことがわかった。横綱・親方を経て“第三の人生”を歩み始めた貴乃花は「『しゃべくり007』が10周年ということで、今回出演させていただきました。いつも素晴らしいMCをされて、応援している上田(晋也)さんにあんなにもいじめられるとは思っていませんでした」とバラエティーの洗礼を浴びつつ、「でも7人はとても話しやすく楽しかったです」と感想を語っている。 オープニングでは貴乃花のまさかの登場に、しゃべくりメンバーも「えー!びっくりした!これはヤバい!」と大興奮。出演を決めた理由について「『しゃべくり007』の7人のみなさんに会いたかったので…」と笑顔で話す貴乃花に、くりぃむしちゅー・有田哲平はさっそく「『しゃべくり007』ってタイトルですよ!全部聞きますよ!」と宣言。「“貴乃花さん”って呼び方でいいんですか?」と問われ「いいです!」と快諾すると収録はスタートした。 実は2009年6月に同番組への出演歴があり、今回は約10年ぶりの登場。上田から「(引退されて)今後はどうなさるんですか?」という直球の質問には、「子どもの教育とかに携わっていきたいですね。ちびっこ相撲とか、やはり土俵に携わっていきたい」と、力強く答えた。休みの日はなにをしているか、テレビは見るのかなど、知られざるプライベートを深掘りしていく。